今日も朝から猛烈な暑さで身体も少しバテ気味になっています。最近では最高温度が40℃を超えると聞いても、そんなに驚くことがなくなりました。昔、私が中学生の頃の気温はどうだったのでしょう。今から60年も前になりますが、こんなに暑くはなかったと思います。当時中学生の私は夏休みに入って学校で行われる補修授業に、10日間位通っていたことがありました。朝8時から昼までの4時間の授業でしたが、当時教室にはクーラー等は当然ない時代だったのですが、暑いということを感じることなく授業を受けていた記憶しかありません。授業を受けていると、近くの木にとまっているセミがうるさいくらい鳴いていたことを今でも思い出します。それに比べると現在では教室にはクーラーが装備されていないと、午前中から30℃を超える気温となると学習できる環境ではないでしょうね。これは地球温暖化の影響だと思われますが、周囲の温度が40℃といえば、体温よりも高温になっているわけですから、身体に負担がかかるのは当然と言えるのでしょう。今日もテレビのニュースでは、熱中症により救急車で病院へ運ばれる人の数の多さが報道されていました。地球温暖化対策は地球規模で取り組まなくてはならない問題ですが、各国の足並みは依然揃っていないようです。将来の我々の子孫が安心して住める地球環境を残すことが私たちの役目であり責任だと思います。最近の猛暑の続く日々を過ごして、つい私の過ごしてきた昔の時代のことを思いだしました。

皆さんこんにちは。
私は常日頃から、人間関係というのは本当に難しいなと実感しています。
なんとなく苦手だなと思う人もいます。

こちらとしては友好的に思っていても、相手は攻撃的で敵意を感じることもありますよね。

他の人から親しみやすく人気者になってしまえば、そういう人も自分には攻撃出来ないのかもしないけれど、なかなか難しいのが現状です。

どうしたらよいのでしょうか。

その場の雰囲気が輝くと、誰しも和みます。
そこには安心感があり、親近感が湧くからです。
性格が明るいというだけでとっつきやすく、近い存在だと思いたいし、そう思おうと更に近づきたくなります。
人間関係がスムースになるのでこれだけで充分なメリットになります。
気の合う仲間というのは素晴らしいバックグラウンド。
助け合えば何事も心強いです。

苦手な人から身を守るには、その人との距離をどうするかというよりも気の合う仲間を作るのが1番いいのかもしれません。

職場で仕事していく上で欠かせないのが人間関係。

だからこそ頭を悩ませる種でもあります。
かくいう私は、ずっとこれで悩んできました。
時にうつ病になりそうだった時もあります。
しかし私はそういった時も無理をしないで自分を守るように行動しました。
あまりにどうしょうもない職場だったら転職も考え離れて自信を守りました。
みなさんも無理はなさらずに。
ではまた。