我が家は他の家の人に比べるとほとんどモノがありません。一時期ブームになった断捨離と言うやつに乗っかったわけではないのですが、基本的に掃除や家事が嫌いで、モノが増えると誇りをため込んだり掃除に手間がかかるので、必要最低限のモノしか置きたくないという信念のもとで暮らしていると、断捨離と同じ感じで少ないもので暮らすということが当たり前になってしまいました。
それが結構他人からすれば衝撃なようで、どうしていつもこんなにきれいにしていられるの?と驚かれるんです。
時々ママ友とのおしゃべりで幼稚園帰りに自宅に遊びに来てもらうことがあるのですが、その時点でもう片付いてしまっているので、びっくりされます。
でも、私からしたら朝の時点でなぜそんなに片付いていないのかが逆に不思議というか、どのくらい他の家って散らかってるの?と不思議なんです。物がありすぎるって自分で大変を作っているんだとしか思えないんですが、捨てられないものなんでしょうかね。ミュゼ 予約 変更

仮眠を取るつもりで、目覚ましをかけ2時間ほど眠ったら起きたのは朝だった。試験とかに時々あった出来事で、本人は気が付かないうちに目覚ましはなっていたようで、弟が長々と目覚ましが鳴っているので、消しに来たことは後から知った。
なるほど、起きたときには覚えがないのに目覚ましをセットした形跡がなくて、またかけ忘れたのかと思ったのだけどね。
そういえば、確実に起きれる方法としてJRとかで自動的に体を起こしてくれるものを見たときには之ほしいなと考えたのだけれど値段を聴いて引いてしまったな。
そういえば、この手の目覚ましの音が不快で起きることの手助けにはならない場合があるということで、この目覚ましの音を変えたらどうだという実験をしている番組があった。音楽でもクラシックやジャズなどはダメで歌謡曲が良いようだという話をしていたが、いかにも結論ありきで用意していた歌手の曲調といかにも起きるのがむずかしそうなクラシック曲、無理やり感が半端なく、さんこうにならんなと思った次第である。