今どきに限った時じゃないのかもしれないですけど。
役者がマニアに狙われる事件って、よく受け取りされますよね。
福山君の住居に、その住居のアドバイザーが入り込んだ事件もそうですけど、
それだけどんどんその一報ばっかり連絡してて可笑しい?って日数、ありません?

勿論、キズをさせられた奴がいる場合、意外とその犯人は捕まったのか、
死者の概況は大丈夫なのか、という点は心配ではあります。
でも、犯人像をそこまで掘り下げる価値ある?とちょくちょく無我夢中ぶりにあきれることがあります。

思わず、役者の信者はお断り失業君という独りよがりと
クリーンなかわゆい死者役者、という図柄。それを案外強調しなくてもいいのに、と思うのです。

出来心じゃすまされないパターンかもしれませんし、絶対にやっちゃいけない事件だったりもしますが、
「意外と追い詰めないであげてよ、犯人も人類ですし」とある程度心残りに思うんです。

みんながみんな仲良くクリーンに生きられれば何の苦しみも起きないんでしょうけど。
私の個人的な感想だ。