この本は数年前に全世界ではやった本です。
読んだきっかけは、仕事やプライベートでなかなか思い通りにいかないことが重なり行き詰ってへこんでいたときに、友達にすすめられたことでした。

読み終わった後の感想を一言でいうと「衝撃」でした。
私は、それまでこういった自己啓発本を読んだことがなかったので、本当に目から鱗状態になったのを覚えています。

内容は、引き寄せの法則について書かれています。
良いことを引き寄せるには、ポジティブでいなければいけません。
それでも生きていると嫌なことは多々おきます。
そんな時も「良いことをイメージしてポジティブな思考を自ら作り出しましょう」というような内容が書かれています。
そうすることで、自分にとってプラスになることが身の回りに起こってくるというのです。

それが本当なのかどうかは、読んでいる人の思うところではあるのですが、私の場合は本を読んでからは「引き寄せの法則が実際身の回りに起こっているのかな?」ということが多々あったので、あながち嘘ではないのかな?と思っています。
個人的には大好きな本です。