瓦斯の傾向などについて、研究をしました。アンモニアは、色合いは無色だ。においは誘因臭(鼻を付くようなにおい)だ。各瓦斯の水溶液にリトマスペーパーをひたしたときの変化は、赤色から青色(アルカリ性)になります。傾向は、ネスラー試薬を褐色にする。水溶液はアンモニア水だ。1立方センチメートルの水に融ける嵩は、702(非常にしばしば蕩ける)だ。密度は、0.771だ。捕集法は上位動き法だ。生起法は塩化アンモニウムと水酸化カルシウムのシャッフル物を加熱します。アンモニア水を加熱します。次は、瓦斯の捕集法についてだ。まずは水上動き法だ。呼び込める瓦斯の傾向は水に溶け辛いが、またはちょっぴりしか溶けません。呼び込める瓦斯は酸素、水素、窒素、二酸化炭素などだ。集めた瓦斯の数量がひとめで行き渡り、不純物が混ざり難いというおはこがあります。このようなことを研究しましたが、久しぶりに聞いた用語もあったので懐かしかっただ。

今日、地元のセブンイレブンがリニューアルしていましたね。2ヶ月前ぐらいにお店をいきなり取り壊していまして、あんなにお客さん入って入るのにどうして?と思っていたのですが、看板を見ましたらどうやらリニューアル開店するなんてありまして、そういうことかと。お客さんが入っているからもっとお店を大きくしようということでしょうか。でも意外と立て替えたら、今までより入らなくなったとかあるんですよね。駐車場に止めづらくなったとか、道路から入りづらくなったとか、何かしらの原因でお客さんの来店数って変わるんですよね。立地がよければ必ず入るとかというもんじゃないんですよね、不思議と。こればかりはセオリーがないですね。まあでもセブンイレブンなら大概は入りますよね。やっぱりセブンイレブンは人気で好きな人が多いんでしょうね。私個人的にはそうでもないですけど。食べたいものによって使い分けてますね。中華まんやパンだとセブンイレブンには行きませんね。